お客様の満足のために、稲荷交通が全力でサポートいたします。みなさまからのご予約、スタッフ一同心よりお待ちしております。

お知らせ

2018年11月30日
⑮秋から初冬の旅
ガストン・ルルーの小説「オペラ座の怪人」をもとに、脚本アーサー・コピット、音楽モーリー・イェストンによって1991年に初演、米国内ツアーでの好評を受け、その後世界各地で上演されてきたミュージカル『ファントム』。宝塚歌劇では2004年に宙組により初演、怪人の心の葛藤を鮮明に浮かび上がらせ、悲劇の結末をよりドラマティックに描き出した宝塚歌劇ならではのロマンティックな舞台が高い評価を得て、その後の再演も好評を博し常に上演希望が寄せられる人気ミュージカルとなりました。伸びやかな歌声に定評のある望海風斗がファントム役に挑むにあたり、この度の雪組公演では新たな『ファントム』の世界をご鑑賞頂きます。



2018年11月24日
⑭秋から初冬の旅
全国の神々は、旧暦10月11日から17日までの7日間出雲大社に集まられ、人に知ることのできない人生諸般の事柄を神議り(かむはかり)にかけて決められると信じられています。男女を初めとする様々な人々の「縁」もこの時に決められるといいます。神議りが行われるのは大社の西方にある上宮(かみのみや)でありまた、神々が休まれる御旅(宿)社が、大社本殿の東西にある十九社だといわれてます。平成最後となる「神在祭」神聖な時期(パワーが最強)に是非ご参拝ください。



2018年11月20日
⑬秋から初冬の旅
今年で6年目に突入した「古典への誘い」。様々な演目をご覧いただく中、やはり成田屋の〝歌舞伎十八番〟をご披露したいという想いが募り、今回の公演で実現した。十八番の中で選んだのは、上演が途絶えていた演目を海老蔵が、第一回市川海老蔵自主公演「ABKAI」で復活させ大きな話題となった『蛇柳』。歌舞伎特有の「押戻」という手法を用い、海老蔵が三役を相勤める。古風な中にも新しい感覚を取り入れた舞踊劇にご期待いご鑑賞下さい。島根県民会館大ホール13:00開演S席を確保致しました。



2018年11月18日
⑫秋から初冬の旅
世界遺産の宮島で色づく紅葉谷公園をガイド付きで散策して頂きます。昼食は宮島三大名物(あなご・牡蠣・あさり)の昼食をご用意させて頂きます。宮島たっぷり滞在・散策ショッピング&昼食時間合わせて約3時間の滞在となります。


もっと見る

安心・安全の証

貸切バス安全性評価認定(★)

貸切バス安全性評価認定

日本バス協会加盟

日本バス協会加盟

観光バス・タクシーのご紹介大型からタクシーまで、充実の車両ラインナップであらゆるニーズにお応えします。

  • 大型エアロエース(定員55名)
  • 中型サロンバス(定員28名)
  • 小型マイクロバス(定員20名)
  • タクシー(中型5人乗り)

観光ツアー

⑥秋から初冬の旅
⑥秋から初冬の旅
★海遊館監修、感動体験が出来る「ニフレル」 エキスポシティ

アートのように生きものを鑑賞できるミュージアム。テーマ別、7つのゾーンで生きものたちの不思議さとおもしろさを発見できます。1階には、色鮮やかな魚をより美しく魅せる「いろ」、生きのびるために身につけた「わざ」、生きものの形の多様性をギャラリー風に楽しむ「すがた」の世界が。2階には、生きものたちが遊びまわる大興奮の「うごき」、ホワイトタイガーや世界三大珍獣のミニカバたちが暮らす「みずべ」の世界が広がります。また、1階から2階にかけて展示されている、アート空間「WONDER MOMENTS」も必見。自然の魅力と美しさを表現した巨大な球体に、つい見とれてしまい、思う存分楽しめます。
昼食は、薪釜を使ったイタリア料理と焼きたてパンのお店で行列が出来る地元民絶賛のレストランを予約しております。
詳しい情報を見る
⑦秋から初冬の旅
⑦秋から初冬の旅
★ワンランク上の奈良「大和料理」 平成最後の「正倉院展」

平成最後の開催となる『第70回 正倉院展』の出陳宝物は、計56件の宝物を公開し、そのうち10件は初出陳となる今回。「70回という節目にとらわれず、1回1回が特別」個性ある宝物を通じて正倉院宝物の全体像がうかがえる内容です。今年は、朝鮮半島の新羅に関する宝物が多く出陳され普段は公開されない珍しい宝物が多数です。
オプションで興福寺国宝館を見学して頂きます。
昼食は、奈良の有名レストランにて大和料理を堪能して頂きます。他社ツアーとは違ってワンランク上のツアー内容となります。
詳しい情報を見る

おすすめスポットガイド

おすすめのお宿

おすすめの研修施設

季節のおすすめスポット